中古マンションって値引きできるの?価格交渉をするときのコツ

ウール博士!中古マンションの売り主がつけた売値って、値引き交渉は可能なの?
そうじゃ。売り主自体があまり知識がなくても、こちらにしっかりとした知識や価格交渉のコツがあれば、チラシの価格からの値引きに応じてもらうことは可能じゃ。

中古マンションはなるべく良い質の物件を、なるべく安い価格で手に入れたいもの

ここでは中古マンションの値引き交渉における知識を学んでいきましょう。

中古マンションには値引き幅が存在する

中古マンションにはほとんどの物件に値引き幅が用意されているものと考えて良いです。

なので大体のケースではチラシの価格からの割引に応じてもらうことが可能です。

ですが、値引き交渉はやみくもにするものではありません。

ちゃんとした知識を持たずに感情だけで価格交渉を持ちかけてしまった場合は、最悪は売り主から「非常識なあなたとは契約したくありません」と拒否されてしまうこともあるので気をつけましょう。

中古マンションの売り出し価格はあくまでも市場性を重視したもの

まず、買いたいと思った中古マンションの価格ですが、「高い」と思うことが多いと思います。

ですが、その価格設定は相場からあまりかけ離れている価格ではないことを理解しておきましょう。

理由は単純です。マーケット価格より高い価格で出しても売れないから。それだけです。

「売れない物件」を宣伝活動をしないといけない不動産業者も嫌がるのです。

過去の売買データが基準になっている

巷(ちまた)に出ている不動産のチラシに載っている価格は、適当につけたものではないのじゃよ。

一般的な売り出し価格は「売りたい側と買いたい側の同意が得られた金額」が最終的な売買価格になって、不動産業界のデータとして残っていったものを参考にしています。

中古マンションを買いたい時は、その物件の相場観やマーケット状況をしっかりと把握することで結果が大きく変わってきます。

チラシの価格は、過去の売買データをもとに設定されてるけど、多少の値引きは可能ってことだね!

中古マンションは価格交渉が可能

中古マンションは、ほとんどの場合で価格交渉が可能といえます。

売り主には必ず売りたい理由がありますがその理由によっては交渉できる範囲が変わってきます。

  • 急いでいる売り主→「値引きしてでも早く売りたい」
  • 高値で売りたいと思っている売り主→「自分の設定した金額で購入してくれる人を待ちたい」
  • ローンの残債が多く残っている売り主→「ローンの残債があるから大きな値引きはどうしてもできない」

基本的には、売り主は「1円でも高く売りたい」し、買い手は「1円でも安く買いたい」ものです。

相手の状況は詳しくは分からないにしても、不動産業者に探りを入れて様子を伺いながら交渉のタイミングを狙いましょう。

中古マンションの値引きの相場は?

中古マンションを値引きしようと思ったら、どの程度の金額を提示すれば相場として妥当なのかな?
交渉しやすいのは端数じゃ!覚えておこう。

よくある値引きとしては、端数が多いです。例えば

端数値引きの例

  • 3450万円→3400万円(50万円の値引き)
  • 1980万円→1900万円(80万円の値引き)
  • 6240万円→6000万円(2400万円の値引き)

また一般的な交渉幅として、価格の5%程度であれば売り主がこちらの交渉に応じてくれる可能性が高いというデータがあります。

5%程度の値引き例

  • 3450万円→3280万円(170万円の値引き)
  • 1980万円→1880万円(100万円の値引き)
  • 6240万円→5930万円(310万円の値引き)

以上の例はあくまで目安です。例を見ても分かるように、売り出し価格の高い物件ほど、5%の値引きになるだけで大きな割引額になる可能性が高くなります。

ただ、上記はあくまで参考値ですので、マンションを売りに出してから期間が経っている物件はもっと大きな金額の交渉にも応じてくれるかもしれないですし、こちらが何を言っても全く応じてくれない場合もあることを理解しておきましょう。

中古マンションの値引き率を上げる方法

次に、具体的に値引き率を引き上げる方法についてお話します。

相手が納得する交渉材料を探して明確に伝える

中古マンションの値引き率を少しでも上げるには、相手も納得する根拠が必要です。

例えば以下のようなリフォームが必要な状態だと思われる箇所を指摘し、それに相手が納得することで値引き交渉が成立しやすくなります。

  • キッチンなどの水回り設備が明らかに古くて使いにくそう
  • 庭の手入れができておらず、荒れ地状態になっている
  • 外壁も屋根も古くてリフォームしないとすぐに雨漏れしそう

こういった、このまま引き渡して不自由がでそうな箇所をチェックしておき、交渉材料にしていきましょう。

購入意思が高いことを伝える

中古マンションをよく内覧もせずに価格交渉をしたり、内覧した後もそこまで購入する気もないのに「参考までに〜」といって交渉の話をしても、なかなか相手も本気で値下げしようとしてくれません。

こちらは◯◯万円でしたら購入したいと思うのですが、その価格でお売り頂くことは可能ですか?」

と、値下げ交渉が成立すれば購入するつもりだ、という意志をしっかり伝えることで、相手も真剣に考えてくれます。

中古マンションの値引き交渉にむけた対策をしておく

中古マンションに購入するにあたって値引き交渉しようとすると、ある程度の事前知識があったほうが精神的にも有利に進めることができます。

中古マンションをチラシで発見し、内覧するまでに事前に対策をしておくことでスムーズに値引き交渉が進む可能性が高くなります。

中古マンションの売出し価格はそもそも妥当なのか調べる

まず考えられるのが、「その中古マンションはそもそも妥当な価格設定がされているのかどうか」ということ。

もし他の類似物件よりも高い価格で売り出されていたら、その根拠となるデータを元に交渉に踏み切る余地があるといえます。

不動産物件の相場の調べ方は下の記事にまとめておりますので参考にしてください⬇

家の売却時に知らないと損する!相場を確実に把握するための4つの手段

2016.07.10

担当の不動産仲介業者に値引き可能か相談する

自分で調べた結果、

「この中古マンションは、周辺の類似物件よりも高い値段設定になっているんじゃないか?」「ここは購入後大きなリフォームが必要そうだから、その分値引き交渉ができるんじゃないか?」

と分かったとしても、それはあなたの感覚の判断でしかありません。客観的な判断のできる不動産仲介業者の人に聞いてみると中立な立場で答えてくれます。

中古マンションを値切りたい人の裏ワザ

もし1円でもコストを削減して中古マンションを手に入れたいと思ったら、ある裏ワザを使うのもアリじゃ。

成功する可能性は状況によって変わりますが、あまり知られていない方法なのでいざという時に試してみてください。

不動産業者を相手に仲介手数料を値切る

仲介手数料の金額は不動産業者が自由に決められるわけではなく、法律で決まった範囲内での設定がされています。

「【物件価格の3%+6万円】に消費税」が上限です。

ほとんどの不動産業者は、その上限値を「仲介手数料」として請求してくることでしょう。

ですが、その「上限値までの範囲内で」不動産業者との話の折り合いが付けば交渉が成立する場合もあるのです。

不動産仲介業者との値切り交渉のタイミング

不動産業者を相手に値切るという方法はあまり一般的ではありませんが、こちらの買う意志が強い場合には交渉ができる可能性が高くなります。

具体的に言うと、こちらの購入意志をしっかりと示せる「不動産購入申込書」を作成するタイミングです。

このタイミングであれば、不動産業者からしても契約にこぎつけて仲介手数料が入る手前の踏ん張りどころなので、「少しの交渉で契約が確定するなら…」と、交渉を検討してくれる可能性が高くなる、ということです。

あくまで、「この物件は本気で購入したいけど、手持ち資金との兼ね合いで少しでも仲介手数料が安くなれば即決する」という強気の購入意思を見せておくことが大前提です。

価格交渉をするときのコツまとめ

中古マンションの値引き交渉は、可能です。

  • 一般的な中古マンションの値引き相場は売り出し価格の端数分、もしくは5%程度
  • 中古マンションの値引き率を上げるには、相手も納得する根拠を提示する
  • 中古マンションの値引き率を上げるには、今市場に出ている類似物件と比較しておく

ですが、あくまでもお互いの納得できる範囲で折り合いをつけるという意識でいないと気持ちの良い取引にならず、最悪は商談にすらたどり着けない可能性があります。

一般的な交渉幅を超えた交渉を提示すると、売り主からの印象が悪くなってしまう可能性も高いので注意しましょう。

やみくもに売り主に値引き交渉をしてまわるのではなく、本気で欲しいと思ったマンションに出会った時に、よく考えて交渉しましょう。

中古マンションの売買契約と引き渡しまでの注意点

2017.04.17