なんで家が売れないの?改善点を探す4つのチェックポイント

家を売り出したけど、なかなか売れない・・・

あなただけではありません。これは多くの人がぶつかる壁です。

ただ売れない理由を理解し、売れるための行動ができていないだけなのです。

実際に家を売り出した場合、早く売れる家もあればなかなか売れない家もあります。何が違うのでしょうか?

家が売れない理由としては、

  • 価格に問題がある(売り出し価格が相場に合っていない)
  • 物件自体に問題がある(魅力的に見えない)
  • 不動産会社の広告活動に問題がある

等が考えられます。

売り出し価格が相場から大きく離れており、購入希望者のイメージより極端に価格が高いと当然家が売れないですし、内覧する際に部屋が汚いと買う方も購入する気になりません。

また、不動産会社が広告もろくに出さず、お客様に紹介してくれなければ家が売れないのも当たり前です。

え!そんなこともあるの?ひどいね。。
うむ。悲しい現実じゃが、あまり親身になってくれない不動産会社に依頼した場合は放置されるというのも実際によく聞く話なんじゃ。。

家が売れない人は、売れない原因を理解していないことが多いです。

今回は家が売れない人の共通点と対処方法についてお話したいと思います。

家が売れない人の共通点

家が売れないと悩んでいる人たちの共通点は次のどれかに当てはまっていることが多いです。

  • 高すぎる査定額を信じて疑わない
  • 理想の価格で売れると信じている
  • 家の清掃、整理整頓が甘い
  • 不動産会社に任せきりにする、一社にしか相談しない

その他に物件ごとに様々な家が売れない原因があるものですが、家を売るためにはこういった原因を理解し、改善する必要があります。

4つの対処法で改善できないかチェックしてみよう

家が売れない理由が分かればそこを改善することで売れる確率をぐんと上げることができます。

それでは家が売れない人のための4つの対処法をご紹介します。

POINT
  1. 売り出し価格を見なおす
  2. 家を徹底的にキレイにしなおす
  3. 不動産会社を選びなおす
  4. 買取を検討する

 売り出し価格を見直す

不動産会社が出す査定額はむやみに信じてはいけません。

通常は3か月程度で売れそうな価格ということで査定額を出すのですが、会社側が自社で契約を取りたいが為に少し高めの査定を出すことも多いからです。

査定額が適正かどうかを判断するために、まずは、自分で相場を調べましょう。

不動産のポータルサイトや国土交通省の土地総合システムなどを利用し、最近の事例の中で類似物件を調べることである程度の相場を把握することが出来ます。

また、不動産売却一括サイトで再度査定を依頼することでも簡単に見直しができます。その上で再び不動産会社と交渉することで適正な売り出し価格を設定することができます。

家を徹底的にキレイにしなおす

家が売れない理由として私たちが意外と気づかないのが家の状態です。

自分たちの基準でキレイにしているつもりでも家を買いたいと思える状態になっているかどうかはまた別の問題なのです。

第一印象を徹底的に改善しよう

なるべくお金をかけずにキレイにしたいところですが、家に入った第一印象で「ここは違うな…」と思われた時点で、後から印象を覆すのが難しくなります

もしあなたの家の状態が空室の状態であった場合、最低限のハウスクリーニングは検討しても良いでしょう。

長く住んでいたのであれば、壁紙や床の張り替えの検討も有効かもしれません。

住んでいる場合は精一杯の掃除をしましょう。

おそうじPOINT
  • できるだけ不用品を廃棄する
  • 水まわりを徹底的にキレイにする
  • ニオイがないか確認する
  • 部屋を明るく見せる
  • 壁や床の補修をする

うわあ。結構たいへんだね。。
そうじゃな。じゃがこれだけで本当に印象が大きく変わるんじゃよ。

家を売る前にはリフォームしておくべきなのか?

2016.07.07

住宅診断(ホームインスペクション)を実施してみよう

築年数が古い家の場合、見た目は良くても内部の躯体に不安を持って購入に踏み切れないお客さんもいます。

そんな方への安心材料として、「住宅診断書」や「耐震基準適合証明」を用意しておくだけで住宅に対する信頼が格段に上がります。

合わせて家の修繕状況がわかる修繕記録を作成しておくと、売出し価格を強気で出すことも可能です。

ホームインスペクション(住宅診断)は、最近とても話題になってきておる。詳しいレポートを書いたので、ぜひ以下の記事を参考にしてくだされ。

築年数の古い家を高く売却するための方法は存在するの?

2016.06.30

不動産会社を選び直す

不動産会社選びは重要です。なかなか売れない場合は、一度選んだ不動産会社を変えることを検討するのも一つです。

いくら熱心で感じの良い営業マンでも、販売力がない会社だと当然何か月も売れないということも充分にありえます。

媒介契約は通常3か月ですが価格や物件には問題はないのに3か月経ってもまったく家が売れないということであれば不動産会社に問題がある場合も考えられます。

不動産会社によってエリアの得意不得意があるので、その辺りから見直してみることも重要です。

一社しか査定の依頼をしていない場合は、次は複数の不動産会社に査定を依頼して、その査定額が適正かどうか比較します。

その中から極端に高く出てきたものや安く出てきたものはその根拠を直接聞いてみることで理解し、ひとつの目安にしていきながら妥当な査定額を把握していきましょう。

その中から何社かの不動産会社と交渉し販売力があり、なおかつ熱心に取り組んでくれる担当者がいる会社を選びましょう。

【参考】不動産会社を選び直したい方におすすめのサイト①「イエウール」
【参考】不動産会社を選び直したい方におすすめのサイト②「イエイ」
※上記2つのサイトのうち、あなたの居住エリアでの検索結果が「取扱会社の多い方」または「両方」に依頼しておくとより多くの会社から回答がもらえます

買取ってもらう

もうコレ以上待つのは嫌だ。早く売ってしまいたい!

もはや売却価格よりも、早く売り抜けてしまいたい人には「買取」がおすすめです。

買取に関しても詳しい記事があるので、興味のある方はこちらを合わせて読んでみてくだされ。

家を買取にするときのメリット・デメリットは?

2016.07.02

家が売れないときに見直すべき改善ポイントまとめ

家が売れない人には、やはりそれなりの理由が隠れているものです。

POINT
  1. 売り出し価格を見なおす
  2. 家を徹底的にキレイにしなおす
  3. 不動産会社を選びなおす
  4. 買取を検討する

家が売れないと思った時はその理由を理解し改善するための行動をとることが重要です。

逆に、売れない理由が分かってしまえばそれらを対処することで早期の売却を実現できるのです。

>>いまの相場をもう一度見なおしてみる

【参考】不動産会社を選び直したい方におすすめのサイト①「イエウール」 
【参考】不動産会社を選び直したい方におすすめのサイト②「イエイ」
※上記2つのサイトのうち、あなたの居住エリアでの検索結果が「取扱会社の多い方」または「両方」に依頼しておくとより多くの会社から回答がもらえます

家の価値を上げるために今からできる対策はある?

2016.06.28

【保存版】あなたのその不動産、活用できるかも?ただ売るだけなら損するかもしれません。

2017.01.08