査定価格が会社によって違うのはなぜ?

家を売る場合には、不動産売却一括査定のサイトなどを使う方法がありますが、出てきた各社の金額を見るとかなりの差がある場合が多いです。

会社によって販売方針も変わるので、その会社がどこにポイントを置いているかで変わってくるのです。

あくまでその不動産業者が「これなら売れるだろう」という見込みの金額になるため、実際の市場価格とは異なります。

今回は、不動産会社の査定額と実際の市場価格の違い、算出方法やなぜ会社ごとに差が出るのかについてお話したいと思います。

不動産会社の査定の出し方

家を売却する場合にご自身が実際にこれぐらいで売れたら良いと思う金額。

それが「あなたの売却希望額」ですよね。

不動産会社はあなたのマンションの築年数・物件状況などを参考に、概ね3か月以内には売れるだろう現実的な売却額を算出し、自社からの査定額として提出します。

これに対して実際の市場価格は「買う側の購入希望額」に近くなることが多いです。

会社ごとの指標をもとに算出されるために差が出ることが多いです。

この時点で極端に高い、もしくは安い場合があればその理由をしっかりと聞き、それを踏まえた上で平均を取ることで、ある程度の相場を把握することができます。

相場を参考に不動産会社と価格を決めていくわけですが、実際にマンションを売る場合には本査定として不動産会社が建物の立地、日当たり、部屋の内部の状況等を確認します。

そして実際の販売実績などに基づいて、最終的な査定額を出します。

ここで、注意をしないといけないことは、不動産会社が何を根拠にマンションの評価をしたかを確認することです。

通常であれば、自社の売買事例・類似物件の相場・建物の状況等の資料を根拠に説明してくれるはずです。

そういった根拠の説明がない会社はあまり信用しない方が良いかもしれません。

会社ごとに差が出る理由

販売力のある会社であれば自分のところで売る自信があるので、3か月以内には売れそうな最大の価格を提示します。

契約を取りたいがためにに高めに出す会社もあります。

もっとひどい会社だと、とりあえず「売却希望価格で売りますよ」と言って媒介契約を結ばせて、売れないことを理由に値下げや安い値段での買取りを提案してきたりします。

高い査定を出してくれたといって、その不動産会社に決めることは注意が必要です。

相場をきちんと把握し、悪徳業者に騙されないようにしましょう。

家の査定額と実際の市場価格と違いがでるのはなぜ?

売る方は少しでも高く、買う方は少しでも安く買いたい訳です。

しかし、不動産会社も自社の利益のために契約を取りたいので他社に取られないように実際の相場より高めに出すことが多いのが事実です。

こういった理由で査定額>市場価格(購入希望額)となるわけです。

無駄な値下げをしないために

不動産会社は高く売りたい売主といかに契約するかを考えるため、どうしても実際の市場価格よりも高めに出してくることが多いです。

最初の売り出し価格を付け間違ってしまうと長期間売れない結果となり、値下げをしなければいけなくなります。

不動産会社からは人気のない物件というイメージを持たれてしまうと紹介すらしてくれなくなってしまいます。

その結果、本来売りたかった希望額から大きく下回った金額での売却となってしまいます

そういった失敗をしないために、売り出し価格については事前に自分自身でも相場をしっかりと把握し、不動産会社からの査定額を鵜呑みにせず、自分の基準を元に決定することが重要です。

まずは自分の家の適正な価格を知ることからはじめていきましょう。

初めて家を売る人のための失敗しないススメ方

2016.07.18