「仲介手数料無料」は家の売り主にとってメリットなのか?

不動産の仲介手数料ってかかる会社とかからない会社があることはご存知でしょうか?

ざっくりですが、物件の3%が仲介手数料としてかかってくるのが通常です。

不動産は高額なので3%といっても非常に大きいですよね。

通常はかかるのに、なぜ無料にできるのか? このメカニズムというか背景がわかると、各会社の姿勢を読み解く1つのヒントになります。

そこからお客様の物件を売るための広告宣伝費や交通費等を捻出しているので、 高いとは思いません。

成功報酬ですから、売れないともらえない訳です。

それでは無料のメリットとデメリットをまず見てみましょう。

仲介手数料無料のメリット

仲介手数料が無料になると単純に支払う分がなくなるので、これがメリットです。

例えば2,000万円で約60万、4,000万円なら120万円にもなってきます。 100万円もあれば家族で海外旅行に行ったり、次の家を買う資金にしたりと色々できますよね。

ただし、仲介手数料を売りにしている会社でも、必ずしもすべての物件が無料になるわけではありません。

あくまで不動産会社が売主さんから上限3%の手数料をもらえる場合が無料になる条件です。

仲介手数料が無料で対応できない物件の場合は、半額や定額で対応している会社がほとんどです。

ここ2年ぐらいで不動産購入において仲介手数料のあり方が大きく変化していることは間違いないです。

不動産会社のホームページでは、既に仲介手数料無料で契約可能な物件のみを掲載しているケースもありますし、仲介手数料が無料で対応できるか事前にお知らせする会社など情報提供のあり方は様々です。

近年、新規参入した大手の会社は条件に応じて仲介手数料が減額する仕組みにしています。 購入までにかかった手間によって金額が異なるようです。

仲介手数料無料のデメリット

これは一概には言えませんが、仲介手数料無料のために売るための努力が乏しい可能性があるということです。

不動産の売却はタイミングが大事ですし、売れるものなら早く売ってしまいたいと思っているはずです。

そんな思いとは逆に手数料が貰えないという理由から販促活動を十分にしてくれないとしたらどうでしょう?

そもそも仲介手数料は不動産会社(仲介)の利益となる他に販促経費として使われます。

その経費が貰えないとすれば、会社としては出来るだけ経費削減のため、最小限の活動に絞ります。

ただし、中には企業努力によって経費を抑えながらも上手く売ることができる会社もあります。

ですので実際に相談してみてから判断しましょう。

仲介手数料無料=必ずしも良い会社というわけではない、ということだけ抑えておいて下さい。 何事も最初が肝心です。 気になる事は最初に確認してクリアにしておくようにしましょう。

仲介手数料無料の会社って本当に大丈夫?

仲介手数料無料サービスを提供している会社は、規模が小さい会社が多いと思います。

コスト意識が高いので事務所も贅沢をしていない会社がほとんどです。

大手で経験を積んだ実力がある方が独立して、業界を深く理解しているからこそお客様の視点にたってサービスを提供しているケースが多いと感じます。

  • 大手で経験が浅い若手(仲介手数料有り)
  • 実力がある方が独立した小さな会社(仲介手数料無し)

あなたならどちらを選びますか? 自分たちが納得できる不動産会社さんを探すためにも情報収集はとても大事です。

悩んでいるよりも実際に行動に移していくことが大切です。

初めて家を売る人のための失敗しないススメ方

2016.07.18