家の売却プランはどうやって立てると効果的?

家を売却する際の事前計画は実際に家を売ることよりも大切である

高額な取引となる家の売却。家を売却する際の計画はとても重要です。なぜなら計画の立て方によって「時間」と「お金」に大きな差が生まれてしまうためです。

それでは、具体程にどのように計画を立てていけばよいのでしょうか?

今回はその方法について詳しく見ていきましょう。

家の売却計画を立てるための「3つのステップ」

家の売却計画を立てる3つのステージ

ステップ1:「売却したい額」を確定する

まずはあなたが望む売却額を確定します。 そのためにはあなたの家の市場価格を調べる必要があります。

これは、最近ではインターネットの一括査定を利用して簡単に調べることができます。

数社に査定をしてもらい比較することでおおよその市場価格を確認することができます。

そのうえであなたの家の価値を踏まえて希望の売却額を確定させましょう。

ステップ2:「いつまでに売却するか」を確定する

次にあなたがすべきことはいつまでにその家を売却するかを決めるというステップです

あなたが家を売りたい希望時期によって不動産会社との契約の種類、時期が変わります。

それぞれの不動産会社の担当者に相談してみましょう。

ステップ3:「自分にとって適切な」不動産会社と契約する

最後にあなたがお任せしたい!と思えた担当者の不動産会社と契約します。

もちろんあなた自身で家を売却することができればこのステップは飛ばすことができるのですが、膨大な書類の作成や後々の問題に対する対処等を考慮すると最初から不動産会社に依頼することが良い選択と言えます。

前の2つのステップの準備をしておくことでスムーズに、そして流されることなく不動産会社と交渉することができるでしょう。

売却計画を立てる際に気を付けるべき「3つ」のポイント

家の売却計画を立てる際には気を付けるべきポイント3つのポイントをお伝えしましょう。

家のローン現状を把握しておく

住宅ローンや融資を受けている場合はその利用状況を確認しておく必要があります。

現在いくら支払い終えたのか、残高はいくらなのか、金利は何%なのか。

ローンの状況によっては家を売却することができないケースもあるので注意が必要です。

価格交渉に応じる前提で売りだし価格を決める

買う側からの交渉があることは多いです。その時に価格交渉に応じることも考慮しておきましょう。

一方的に自分の要求を通そうとすると成約に至らないことが多いことを理解しておく必要があります。

前項のローンの現状を踏まえた上で自分たちの家のの売却価格と、売却できる最低ラインの価格を事前に家族内で決めておきましょう。

家を売却する際にかかるお金を把握する

家を売却することはもちろん無料ではありません。

いろいろある費用の中でも一番高くつくものが仲介手数料です。この費用は会社や契約内容によって異なるので慎重に会社とそのサービス内容を比較する必要があります。

このほかにも税金などの費用がかかりますので、この費用を予め確認しておかなければ後から予定外の出費に泣かされてしまうことになります。

  • 仲介手数料
  • 各種税金
  • 印紙代
  • 引っ越し費用
  • 仮住まい費用
  • ハウスクリーニング費用
  • 不用品処分・レンタル倉庫費用、等

家の売却価格を下げるタイミングも計画しておく

あなたは気づいているでしょうか。

ほぼすべての案件が成約する際には売り出し価格よりも低い価格となっているのです。

あなたの家も高い確率で売り出し価格を下げる時がくると想定しておいた方が良いでしょう。

問題は「いつ」売却価格を下げるかです。

基本的には不動産会社からの値引き依頼で考え始めることが多いですが、一つの目安としては「3」という数字があげられます。

つまり、売りにだしてから3カ月、6カ月、9カ月、1年という区切りで値下げを考える時期としてあらかじめ計画しておきましょう。

最後に

家を売却する際の事前計画は実際に家を売ることよりも大切である

売却計画をしっかり立てることで満足いく価格での家の販売を実現させることができるのです。

しかし、その計画を実現させるためにはあなた自身の努力も必要だということも忘れないでください。

ここで記載されている情報をしっかり理解し、是非実行に移してみてください。

あなたが素晴らしい売却計画を立てることができ、その通りに活動ができたなら希望通りの価格で家を売却できるでしょう。

初めて家を売る人のための失敗しないススメ方

2016.07.18