家の売却時に知らないと損する!相場を確実に把握するための4つの手段

実際に自分が家を売ろうと考えたときに一番気になるのがいったいいくらで売れるのかということですよね。

相場が分からない状態で不動産会社に相談すると、相場より高い査定を出されたり、もしくは安い査定を出されたりします。

その意図は様々ですが、

  • 高い査定を出す→高く売れると見せることで自分のところで契約してもらいたい
  • 低い査定を出す→自分のところで買い取って転売を考えている

といった思惑が隠れていることが少なからずあります。

しかし、こちらが相場を知らないことには、そんな思惑にも気づかずに不動産会社の思うままに進めてしまうことになりかねません。

相場を知らずに家を売却すると、売れるものも売れなくなります。

家の相場を把握することで不動産会社との交渉もしやすいですし、最終的に早くそして高い値段で売却することができます。

今回は家の売却にあたって相場を知るための4つのポイントについてお伝えします。

不動産のポータルサイトで検索

まずひとつめは、不動産のポータルサイトおよその相場を把握することです。

スーモアットホームホームズなど不動産の売り物件の情報を取扱うサイトは多数あります。

どのサイトも地域を選んで物件情報を選択し、物件を表示してくれる点では変わりませんが、サイトによっては若干登録物件が違う場合もありますので、いくつかのサイトで検索することをおすすめします。

検索条件を自分の家に近いものに設定し、ピックアップされた類似物件の相場を確認します。

ここで注意が必要なのは、ポータルサイトに掲載されている価格はあくまでも家主が売りたいと思っている希望価格なので、実際は高めに設定されていることが多いということです。

この時点ではおおよその相場を把握するという視点で大丈夫です。

国土交通省の土地総合システムを活用

次に、国土交通省が運営している土地総合システム実際の不動産の取引価格情報を調べることが可能です。

  • 家が売却された時期
  • 土地、建物マンションなどの物件の種類
  • 地域

などを選んで検索します。

するとその地域の取引事例が表示されますので、自分の物件に近いものをピックアップすることでおよその相場を把握することができます。

不動産売却査定一括サイトを活用

ポイント①と②では、家の売却における周辺の事例を参考にするというパターンですが、

ポイント③は実際に家の売却の一括査定サイトを利用して不動産会社へ査定を依頼します。

家の売却の一括査定サイトを利用すると、平均4〜6社前後の会社から見積もり査定がもらえます。

その中から相場を読み取ることができます。

極端に高かったり、もしくは安いものがあればその理由をしっかりと聞き、自身で調べた相場の調査結果と照らし合わせながら実際に提出された相場と比較していくことで会社を絞ります。

査定は、業者の査定の基準で変わりますので、複数の業者の査定を取ることで、より実勢の相場に近い売却価格が把握できます。

売却する家の近くの不動産会社で相場を確認

上記の方法で調査した相場をもとに、最後は実際に売却する家の近くの不動産会社へ訪問し、相場を確認すると確実です。

今まで調べて算出した相場を見てもらい、実際にその査定額で売れるかどうか聞いてみましょう。

またその担当者が地域情報に詳しければ、自社の売却事例を教えてくれて、それをもとに売却査定をしてくれるかもしれません。

最初の価格設定を間違えないために

家を売る場合、最初に売却の価格設定を間違えてつけてしまうと待っても待っても反響がなく売却に時間がかかってしまいます

そうなると再査定が必要となり、さらに価格を下げると売却物件としての魅力が下がります。

そうするとだんだん不動産会社に紹介してもらえなくなってしまうこともあるのです

そうならないためには、

  1. 不動産のポータルサイトでおよその相場を把握する
  2. 土地総合システムで実際の不動産の取引価格情報を調べる
  3. 家の売却の一括査定サイトを利用して相場を比較する
  4. 実際に売却する家の近くの不動産会社へ訪問し、相場を確認する

以上の方法で、様々な視点で自分の家の売却相場を把握することができるのです。

それを踏まえた上で最初から相場にあった売却価格で売り出すことが重要です。

また、きちんと相場を把握することで不動産会社との交渉もしやすくなり早くそして高く家を売却することができるようになるのです。

初めて家を売る人のための失敗しないススメ方

2016.07.18