※広いけど古い一軒家を高く売りたい場合にできる対策はある?

 「広い一軒家をできるだけ高く売りたいけれど、不動産屋さんとのやりとりはなんとなく苦手

多くの人にとって営業マンとのやりとりは敷居が高いと感じてしまうものですよね。それでいて一軒家が高く売れるかどうかは営業マンが上手に買い手を見つけてきてくれるかにかかっています。

一般の買い手に物件を売りたい場合には不動産屋に仲介してもらう必要がありますが、相談に行く前に知っておくべきポイントというものがあります。

ここでは一軒家を少しでも高く売りたいと思う人が事前に知っておくべきポイントを確認しておきましょう。

ニーズにあった買い手を見つけることが大切

一軒家を少しでも高く売りたいと思ったら、自分の所有物件と相性の良い買い手を見つけることが大切です。

買い手探しは営業マンの腕次第という部分もあります。

優秀な仲介会社を見つけて高く売るためには一括査定を利用するなどの方法があります。

古い一軒家だからといってニーズがないとは限らない

「古い一軒家だからなかなか買い手がつかないかも」と思っている方もおられるかもしれませんが、実は最近では築年数が経った一軒家に対する人気が高まっています。

新築物件を購入する資金がないという人が、中古で築年数の長い一軒家を購入して全面的にリノベーションするというケースが増えてきているためです。

仲介会社による買取のメリットとデメリット

「子供が多いので家の傷が目立つ」「長年住んでいた家なので、水周りの状態があまりよくない」

このようにコンディションが良くない一軒家を売りたい場合は、買取も選択肢に入れましょう。

買取というのは一般消費者の買い手を探すのではなく、仲介会社に家を買い取ってもらうことを言います。

買取だと一般の人に売るよりも値段が下がってしまうということはよく言われますが、そもそも一軒家が売れなければ売主には1円も入ってきません。

できるだけ早く一軒家を売りたいというニーズがある場合には仲介会社による買取も検討してみると良いでしょう。

購入希望者の内覧は、第一印象勝負で!

一般の人に家を購入してもらう場合には、現在住んでいる一軒家の様子を見てもらう機会も多くなります。

内覧の際には第一印象をよくするための工夫が必要です。

その際にはできるだけ部屋の間取り全体を把握しやすいようにしてあげるのがポイントです。

家の購入者は、あなたと同じように生活することは考えていません。

家具の配置などは自分たちの希望に合わせて動かしたいと考えていることがほとんどなので、現在置いてある家具を掃除することよりも、間取りの全体図を把握しやすいように「ものをできるだけ減らしておく」という配慮をした上で売りたいものです。

一括査定を使うべき?

一軒家を売りたいけれど、仲介を依頼できるような会社を知らないという場合にはまずは相性の良い会社や担当者を探すところから始めなくてはなりません。

近所の不動産屋をとりあえず覗いてみるという方法もありますが、効率良く会社を選別するなら一括査定を使ってみるのも一つの方法です。

一軒家の情報を入力するだけで複数の担当者が連絡してきてくれます。

その中から相性の良さそうなところと具体的な話をつめていけばOKなので、自分で仲介会社を探す手間を省けるのです。

まとめ

今回は一軒家を少しでも高く売りたい人のためのポイントについて解説させていただきました。

一軒家を高く売るには何よりも購入予定者のニーズをくみとるという意識が大切です。

仲介してもらう会社が上手に買い手を探してきてくれるか?によっても家につく値段が大きく変わってきます。

まずは一括査定を使うなどの方法で相性の良い不動産会社と出会うことからスタートしてみると良いでしょう。

初めて家を売る人のための失敗しないススメ方

2016.07.18