築年数の古い家を高く売却するための方法は存在するの?

「いざ中古住宅に住んでみたら、欠陥住宅だった!」

あなたがこれから中古住宅を探す立場だったら、こんな事態に陥ることは絶対避けたいですよね。

今、住宅を売却した後に買い手が欠陥に気づき、トラブルになったということが増えています。

中古住宅の購入を考えている人にとっての大きなリスクの一つとして、住宅を購入した後に欠陥に気づくということでしょう。

近年ではこうしたお互いのリスクを事前に取り除くための方法として、ホームインスペクション(住宅診断)を行うということに関心が集まりつつあります。

そこで、今回はその住宅インスペクションについて分かりやすく解説をしましょう。

住宅インスペクションとは

住宅インスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通した専門家が客観的な立場から物件の状態を判断し、物件の品質や問題点などの情報を提供することを指します。

家の売却前に簡単に家の状態を診断することで、

何か深刻な問題があるかどうかを判断し、もし問題があれば専門家による修理をすすめる」

という役割を主に担っています。

住宅インスペクションの料金

日本ホームインスペクターズ協会によれば、料金は目視による診断の場合は5~6万円前後が一般的で、機材を使用する詳細な診断の場合には10万円以上にもなります。

また、自治体によって、住宅インスペクションの補助金がでるようなところもあるので、自分の自治体が支援していないか確認してみましょう。

家の売却前このホームインスペクションを行うことで、ある種の保証をつけることができます。

つまり、「ホームインスペクション済みです」と提示することで、高い値段で売ることも可能になってきます。

何千万円という売却取引を行うことを考えると、このホームインスペクション費用はそれほど高いものではないと言えます。

住宅インスペクションのメリットとデメリット

メリット

  • 売却後での建物の不具合に関するトラブルを未然に防ぐ
  • 家の状態を明らかにして、買主との取引がスムーズになる

自宅などの不動産を売却した後にその物件に何らかの欠陥が見つかり、買い手側から補修などの依頼があれば、私たちはそれを請け負う義務があります。

しかし、住宅インスペクションによってそうした欠陥をあらかじめ見つけていた場合、買い手にあらかじめ説明をすることが可能です。

そしてその欠陥に納得の上で購入してもらえるのであれば、補修費用を負担しなくても済む可能性があります

また、買主に家の状態について情報を提供することで、買い手も自分の希望に合う物件なのかどうかを判断しやすくなります

そのため、買主との取引もスムーズにいきやすくなります。

デメリット

  • 家に住んでいる間は完全な診断ができない

もちろん、デメリットもあります。

それは、私たちが家に住んでいる状態では診断できない部分が多いという点です。

例えば、多くの家では冷蔵庫やタンス、棚などの動かすことが難しい家具が置いてあると思います。

そうした家具の床下や壁の状態を診断することは少なくとも目視ではできません。

そのため住宅インスペクションを行ったとしても、見つからない瑕疵(欠陥)が存在する可能性があります。

住宅インスペクションをおすすめする人

住宅インスペクションをお勧めする人は次の2タイプの人です。

  1.  築年数が古い不動産の売却を考えている人
  2. リスクを少しでも抑え、スムーズに売却したい人

築浅の物件の場合はそもそもあまり家の老朽化が進んでいないので、住宅インスペクションを行ったとしても欠陥が見つかる可能性は低く、かつ買い手もその点をあまり気にしないでしょう。

それに対して、売却予定の住宅が古ければ古いほど、普段は気づかない欠陥が生じている可能性が高く、また買い手側も古い物件ほど見えない欠陥が気になるはずです。

そのため、古い家の売却を考えている人は、住宅インスペクションを行うことで、買い手に情報を提供することのメリットは大きいでしょう。

また、仮に築年数が浅い不動産の売却を考えている人であっても、買主とのトラブルを少しでも避けたいという人は、住宅インスペクションによって買い手にできる限り情報を提供し、納得して購入してもらう方法を検討するべきでしょう。

築年数とリスクの取り方と相談を

住宅インスペクションは買主に情報を提供することで、売主・買主の双方が納得して取引を行うことができるようになります

そのため、売却後に問題が生じやすそうな古い住宅を売る場合や、トラブルの可能性を少しでも少なくしたいという売主の方はホームインスペクション(住宅診断)を検討することをおすすめします。

初めて家を売る人のための失敗しないススメ方

2016.07.18