※訪問査定の前にできることは?

たとえ1万円でも高く家を売却したい!

恐らくマンションの売却を考えているあなたもこのように考えているのではないでしょうか?

のようにしたら自分のマンションを高く売れるのかが分からない。 何から始めればよいのかが分かならない。全く行動に移せない。

そして 実際には不動産会社の営業マンに言われるままにお任せしている人がほとんどなのです。

しかし、家の売却には「3つのコツ」があります。

それは

    1. 査定を行う際のコツ
    2. 売却する時期のコツ
    3. 不動産会社と契約する際のコツ

です。

これらのコツを正しく理解し実行できると、あなたが今何をすべきかが分かり、そして理想の成果を実感できるでしょう。

それでは、早速マンション売却の3つのコツを見ていきましょう。

家の査定を行うときのコツとは?

マンションの売却をする際にまずすべきステップは「査定額を知る」というステップです。現在は、インターネットでの一括査定を使うことで簡単にそして無料で査定をしてもらえます。

この際に準備しておくと便利なものがあります。それは、

  1. 契約書等の重要書類
  2. 固定資産税納付書
  3. 購入時の図面

です。

事前にこれらの資料を元に自分の家の特徴を認識しておきましょう。

特に家の築年数や間取り、そして建物の面積などの情報を把握しておくだけでスムーズに査定に望むことができるでしょう。

そして最大のコツは「事前に複数の会社に査定をしてもらう」ことです。

インターネットの査定でも、訪問査定でも構いません。

大切なことは「事前に」「複数の会社に」査定してもらうことです。

そしてそこから会社を比較する事で自分たちと相性の良い会社を選ぶ事で、より的確な査定額を把握する事ができ、不動産屋の言いなりにならずに売却を進められます。

家を売却する時期を選ぶコツとは?

引っ越し屋が一番忙しい時期はいつ頃だと思いますか?

1月から3月、そして9月から11月が引っ越し屋の繁忙期です。

つまり、この時期に不動産の売買が頻繁に行われている事がわかります。

基本的に私たちは子供の成長に合わせて家を住み替えます。

この時期は需要が高まり、それだけ高値で売却することができる可能性がある時期であると推察できます。

この時期に照準を合わせて売りに出すことで、通常よりも高値で売却できる可能性が高まる。これが2つ目のコツです。

不動産会社と契約するときのコツとは?

家を売却するにあたり、私たちは不動産会社と契約する必要があります。

契約の種類には以下の3種類が存在します。

  1. 一般媒介契約 依頼者は複数の会社に仲介を依頼することができる
  2. 専任媒介契約 契約を交わした会社のみが仲介でき、2週間に1販売状況の報告を受けることができる。
  3. 専属専任媒介契約 契約を交わした会社のみが仲介でき、1週間に1販売状況の報告を受けることができる。

ほとんどの不動産会社は専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約で契約をしたいと思っています。

不動産会社に付加価値を付けることができるからです。

もちろん、これらの契約を結べば買い手をより早く見つけることも可能です。

しかし、現在は「レインズ」と呼ばれる不動産業者間の物件共有システムなどに登録すれば購入者が見つかりやすい状況となっています。

つまり、一般媒介契約で複数の会社と契約し、より多くのサイトに掲載してらうという手法を取るほうがより好条件で早く買い手が見つかることが多い場合もあるのです。

最後に

いかがでしたか?

家を1円でも高く売却する際にはコツが必要です。

しかし、そのコツを理解した今あなたに求められているのはコツを行動に移す次のステップに踏み出す勇気です。

次のステップに進み、ぜひこのコツを使いこなしてみてください。

あなたの家が希望通りに、そして予定通りに売却されるように今できる事から始めていきましょう。

家を高く売るための次のステップ