家を売る前にはリフォームしておくべきなのか?

 「少しでも家の印象を良くするために、売却前にリフォームしておくべきか?」

家の売却にあたってリフォームを行うかどうかは悩ましい問題です。

確かにリフォームをしておいたほうが購入希望者の印象も良く、売れやすくなるかもしれません。

ですがどこまでお金をかけるべきかは自分で判断するのが難しいですよね

リフォームによって家が売却しやすくなったとしても、その分売却価格を上乗せできないと結局は損をしてしまうということも珍しくありません。

家を売却する前にリフォームを行う場合のメリットとデメリットについて整理しておきましょう。

家の売却前にリフォームをするメリット

家の売却前にリフォームしておくことのメリットは、なんといっても買う側にとっての印象が良くなることで家が売却しやすくなることです。

買主にとっての家の印象というのは単純に見た目の問題というだけではありません。

購入後にリフォームを行う手間が省けることや、リフォームのためのローン審査に落ちてしまう人にとってメリットがあるということもあります。

家の売却前にリフォームをするデメリット

リフォームを行うのには費用がかかります。

そのリフォーム費用かけることでその分高く売却できれば良いのですが、リフォーム費用を回収しようとして、周辺の競合物件よりも購入価格が高くなってしまってはかえって家が売れづらくなってしまうこともありえます。

買い手がうまくつかない場合にはリフォームしたのに値下げ交渉され、結局損してしまったということもあります。

また物件購入者によっては、購入後にリフォームすることを前提として中古物件を探しているという人もいます。

そのような人にとっては水周りが汚れていようが、トイレが流れない状態であろうが大きな問題ではありません。

売却前にリフォームを行うべきか否かについては仲介を依頼している不動産会社とよく打ち合わせを行うようにしましょう

の状況にあったセールスのポイントを心得ている不動産会社に仲介を依頼できるかどうかが成約までの距離を縮めるポイントになります。    

どこまでリフォームをすべきか

リフォームとひとことでいっても、費用が100万円以上かかるような本格的なリフォームしかないというわけではありません。

畳の張替えや、壁紙の交換など最低限のリフォームであれば数十万円以内で出来ることもあります。

リフォームというほどの規模ではない「ハウスクリーニング」を入れておくという選択肢もあります。

特にシンクやお風呂まわりなど、水回りをクリーニングしておくと購入者の評価が上がるという傾向があります。

家のリフォームを行う際には「どのぐらいの規模で行うか?」を不動産会社とよく相談してから判断する必要があります。

物件周辺の購入希望者の年齢層や家族構成などから最適なリフォームの案を検討することが、早期売却の可能性を高めるポイントと言えます。

“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》

予算別リフォーム可能箇所

どのぐらいのお金をかけると、どの程度のリフォームができるのか?ということについても知っておきましょう。

予算50万円以内のリフォーム

予算が50万円以内のリフォームの場合、家じゅうをカーペットからフローリングへ変更、壁や天井のクロス交換などができます。

フローリングにすると部屋全体の雰囲気をがらっと変えることが可能です。

予算100万円以内のリフォーム

予算が100万円まで出せるのなら、キッチンの全面的な改装やトイレや洗面台の交換など、水周りの補修も選択肢に入ってきます。

水周りのリフォームはファミリー層の買主にとても喜ばれる傾向があるので、検討してみると良いでしょう。

予算100万円超のリフォーム

予算は100万円を超えて200万円〜300万円程度でも、リフォームする価値がある家に住んでいる、という方であれば本格的なリフォームも可能になります。

リビングなどの表装やカーペット、フローリング、和室から洋室への転換など、豊富な選択肢が考えられます。もちろん水周りの全面改修も可能になります。

まとめ

家を売却する前にリフォームを行うと、購入者の層によっては物件が売れやすくなるのですが、代わりにその分の費用を回収できるかどうかが問題となります。

どのようなリフォームを行うかによっても購入希望者の購入意欲を刺激できるかどうかが変わってきます。

家を売る前にリフォームを行うことを検討している方は、不動産会社から助言を受けるようにしましょう。

初めて家を売る人のための失敗しないススメ方

2016.07.18