家の売却に有利な時期はいつ?

家の売却を考えた時に疑問に思うことの1つとして

『時期や季節によって売却しやすい時期とそうでない時期があるのか?』

というものがあると思います。

せっかく今まで大事に暮らしてきたなので、少しでも高く売りたいものですよね。

ではの売却にあたり有利な時期や季節はあるかどうか見てみましょう。

売却のオンシーズンとオフシーズン

家の売却の有利な時期を想像できますか?

一般的に、家の売買が一番活発になる時期と言えば学校が新年度を迎える前の2月~3月といわれています。

その時期は新学期前や子供の入学シーズンに合わせて『引っ越ししたい』というニーズが増大します。

ですからこの時期に合わせてを売りに出せば、価格的にも、スピード的にも有利に売ることができる可能性があります。

そのためには家の売買の繁忙期になる前の時期に仲介会社に査定を依頼し、2月~3月にはを引き渡せる状態にもっていくのが一番賢い売り方です。

それから逆算すると年末までに査定を完了し、不動産会社と売り出し金額や戦略の打ちあわせをして、年明けの1月から販売を開始してもらうというスケジュールが組めます。

ちなみに、家の売却のオフシーズンも存在します。

新学期や子供の入学シーズンが一段落した4~5月です。

この時期は2月~3月の売却の繁忙期が終わったため、極端にを探す人が減る時期でもあるからです。

タイミングが合うのならばぜひ、上記に書いた時期に合わせて、の売却を実行してみるのが良いのではないでしょうか。

2~3月以外に売買に有利な時期はある?

上記以外の有利な時期は2つあります。

1つ目は低金利の時期です。

を購入する時には一括で支払う人はほとんどいません。 一括で支払わない場合にはローンを組むようになります。

ローンを組むのであれば、当然ですが低金利の時期の方が支払いが楽になります。 今は空前の住宅ローン低金利の時代です。 『このチャンスにを買っておこう』と考える人も決して少なくないといえます。

2つ目は競合物件が少ない時期です。

言い換えますと、自分が売却したい周辺でも売りの件数が少ない時です。の売却物件数が多いと、おのずと売却金額の争いが起こります。 つまり、安いから売れていく可能性が高くなるということです。

逆に売却物件数が少ないと多少高めの金額設定をしても売れる可能性が高くなるということです。 周辺のの数が調べられない場合は不動産会社に聞いてみる等と上手く活用し、情報入手すると良いでしょう。

消費税と住宅ローン減税にも注目

税金に関しても有利な時期を上手く利用するのも1つです。 例えば、

  • 消費税アップ前
  • 住宅ローン減税

といった時期です。 売る側もそのあたりの情報を収集することで、上手くマンションの売却ができる可能性が上がります。

自分のにとっての売り時・売れ時の時期を見極める

上記でお伝えしたように、売却にあたって良い時期というのはありますが、周りの環境だけに合わせての売却をする必要はありません。

不動産は大きな買い物であり、大きな売り物でもあります。 本当に必要な時期に売却するのが大切です。

自分にとっての、本当の売り時・売れ時を冷静に見極めて、満足のいく売却にしましょう。

初めて家を売る人のための失敗しないススメ方

2016.07.18