悪質な不動産会社の担当者はどうやって見分けるの?

家を売ることなんて、人生のうちにそう頻繁に行うものではありません。

私たちにとっては家の売却は人生の中でも一大行事です。大きな金額が動く家の売却では絶対失敗したくないですよね。

そんな中、一度契約したものの、

担当の営業マンとの相性があまり良くないのがわかってきた。

担当を変えて欲しいけど途中で担当者や会社を変更することはできるのか?

と途中で現状に不安を持ってしまい、思うように売却活動できなくなってしまう人も少なくありません。

家の売却で失敗はしたくない

不動産という自分の大切な財産の売却を任せるパートナー選びは非常に重要です。

もし、この会社大丈夫かな?」とか、「この担当者にまかせるの不安になってきた」と感じた場合はすぐ変更して下さい。

相手は、不動産売買のプロのはずです。

そのプロが、お客さんに不安を抱かせる対応があっては、ならないはずです。

遠慮は一切無用です。不動産はあなたの大切な財産なのです。

では、実際途中で担当を取り消される営業マンの例をもとに、判断基準の参考にしてみましょう。

こんな会社や担当者は要注意!悪質業者を見分けるコツ

電話応対で会社や担当者の雰囲気がわかる

電話対応でだいたいの雰囲気がわかります。

元気がなくやる気のない電話対応は論外ですし、担当者以外が電話をとった場合の引き継ぎが上手くいっておらず、内容が伝わっていないような対応の会社も、あまり良い体制の会社とは言えません。

大事な家の契約を任せるのが不安になります。

打ち合わせの日時を守らない担当者

例えば打ち合わせの時間に遅れてくるのはまず社会人として失格です。

車の渋滞に巻き込まれて、お客様とのアポに間に合わず、結果遅刻してしまう場合もあるでしょう。

そのような場合には、事前に状況報告の電話を入れてくるべきです。

そういった常識のない担当者であればその人物のモラルの問題ですので、今後もお願いするかどうかを判断する材料の一つにしても良いでしょう。

メモを取らない担当者

打ち合わせ中にメモを一切取らない担当者も不安になります。

特に自分の大事なの財産の内容や、ローンの状況は、こちらも何度も言いたくないものです。

メモを取る姿勢の感じられない担当者も一つの判断基準にできるでしょう。

逆に自発的に打ち合わせ議事録を作り、お客様に説明・確認を求める担当者であれば安心できますね。

レスポンスの悪い担当者

担当者へ連絡したいことがあっても、担当者が外出中であったりとなかなか連絡が取れないケースもあります。

でも、電話をかけた後、特別な理由もないのに数時間経っても折り返し電話をかけてこない担当者にも残念な思いをさせられます

自分の事を軽視されているかどうかはわかりませんが、その担当者にとって自分の家の売却に関しての優先順位が高くないという一つの目安になります。

必要以上に業界用語を使う担当者

不動産業界には、業界特有の専門用語があります。

ですがこちらは不動産売却の素人です。

そんなこと、知ってるでしょ」といわんばかりに業界用語を並べてくる担当者がいれば警戒すべきです。

一般人の立場に立って説明しているかどうかの判断基準ともなります。

わからない用語が出てきたらもちろん「それはどういう意味ですか?」と聞いてみましょう。

その時に「わかりにくくて失礼しました」という姿勢で答えてもらえると安心なのですが、説明を面倒くさがる担当者の場合はあまりお客様目線ではない担当者だと判断できるでしょう。

いざ乗り換えのたいときの対処方法

これは簡単です。

電話で

  • 担当者を替えて欲しい
  • あなたの会社では自分の家を売買するのをやめます

というだけで大丈夫です。

たとえ専属専任媒介契約や、専任媒介契約を結んでいても、途中で媒介契約を解約する事は可能です。

そういう場合には、責任者が出てきて「引き続き販売活動をさせてほしい」と申し出てくるケースが多いです。

もしその申し出すらない場合は、その会社はあなたの家の売却に当初から積極的ではなかったという様に捉えることができます。

その場合、販売を依頼する会社を替えた選択肢は正しかったといえるでしょう。

担当者の心理を知る

 私たちの前では笑顔をたやさない担当者。

でも、顧客に優先順位をつけているものです。

  • Aさまの物件は、当社の査定どおりで専任媒介契約もらえたから、これを最優先に売ろう!
  • Bさまの物件は、相場より高いから反響は少なさそうだ。あとは、他の業者からの問い合わせがくるまで様子見しておこう。

実際よく見ていると、このあたりは対応の仕方や態度で感じることができます。

こういった温度感も、途中で担当者や会社を変更するか否かの判断材料に使ってみるのも一つです

結局、あなたが「この人なら任せられる」と思える担当者にお願いできると、結果的に思い通りの売却ができることにつながります

あなたの家を熱心に売ろうとしてくれる営業マンを見つけることが大切なのです。

初めて家を売る人のための失敗しないススメ方

2016.07.18