増税が家の売却に与える影響は?

「増税前の駆け込み需要」という言葉をよく聞くと思います。

では、家の売却に関しては増税は影響するのでしょうか。

消費税増税は延期になったとはいえ、2019年10月頃には10%に増税されることがなかば確実視されています。

そのため、家の売却を考えている人の中には、増税前に売ってしまった方がいいのではないか、と考え始めている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は消費税の増税が家の売却にどんな影響を与えるのか確認をしましょう。

家の売却価格には消費税はかからない

みなさんの中には、不動産価格には消費税がかかってしまうので、8%から10%への増税は大きな影響がある、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、実はその心配は杞憂です。個人が家を売却する場合には消費税はかかってきません

つまり、家を3000万円で売却したとしてもこの3000万円には消費税を支払う必要がないのです。

消費税がかかるのは、主に仲介会社に支払う「不動産仲介手数料」

では、家を売却する際に消費税がかかわってくるのはどんな時でしょうか。

それは、主に不動産仲介への仲介手数料です。

そして、不動産仲介手数料は、家の売却額が400万円以上の場合には3%+6万円までと法律で決められています。

つまり、消費税増税の影響は家の売却額の3%に6万円を加えた額の8%を支払うか、10%を支払うかの違いでしかないのです。

他にも銀行に住宅ローンを一括で支払う際に生じる手数料や、抵当権を抹消するために司法書士に支払う事務手数料などにも消費税がかかってきます。

しかし、これらの料金は2000円から1万円程度なので、仮に増税によって2%消費税が増えたとしても売り主の負担は2〜300円ほどしか増えません。これは無視してしまってよいでしょう。

増税前後で支払う消費税は具体的にどう変わるのか

もう少し具体的な数値を使って増税前と増税後でのコストの差を考えてみましょう。

いま、家を3000万円で不動産仲介業者を使って売却したとしましょう。

その時、不動産会社に支払う金額は、次のようになります。

  • 消費税が8%の場合の仲介手数料=(3000万円×3%+6%)×1.08=103.68万円
  • 消費税10%へと増税になった場合の仲介手数料=(3000万円×3%+6万円)×1.1=105.6万円

このように、消費税の増税前と増税後では、売却時に支払わなければならない金額の差は約2万円程度しかありません。

そのため、消費税の増税前と増税後の差も気にする必要はほとんどないでしょう。

買い替えで新築の購入を検討しているのであれば、増税前に動くべき

それでも、今の家を売って新築のマンションや戸建てを購入しようと考えている場合には、増税前に売却に動いた方がよいでしょう。

それは、新築の場合には不動産価格に消費税がかかってきてしまうからです。

例えば3000万円で家を売り、それを元手にやや広めの家に移ろうと4000万円の家を購入するとしましょう。

この場合、増税前の8%であれば消費税は320万円ですが、増税後の10%であれば400万円と、「80万円もの差」が出てしまいます。

このように、新たに家の購入を考えているのであれば「中古不動産には増税は関係ないのだから、売るのは増税後でもいいや」とのんびりしているとムダに消費税を支払ってしまうことになるのです。

買い替えで新築なら増税前に、そうでないなら好きな時に

結局、消費税が8%から10%へと増税されたとしても、それによって売る側の負担は2、3万円程度しか増えません。

そのため、単純に家を売却するという点からは消費税増税の影響はほとんどないと言えるでしょう。

しかし、問題となってくるのは新築を購入する時です。中古住宅を購入する際には、売却時と同様に不動産価格に消費税はかかってきませんが、新築を購入する際には消費税がかかってきてしまいます。

それによって、増税前と増税後では100万円近くも支出が変わってくる場合もあります。

そのため、売却に伴い新築も購入する場合や、中古を買ってリフォームする予定の場合には、増税前に購入した方がお得でしょう。